« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

貫禄

司法書士の仕事のひとつに、不動産取引の決済の立会いがあります。

不動産の取引ですから、何千万円、何億円、という金額の取引になることも多々あります。

そんな取引の場に司法書士として立ち会うからには、その場の人から信頼される風貌である必要があるのではないかと思います。

そのため、決済の場で「若いねぇ」と言われると不安に思われているのではないかと心配に思っていました。

ところが、最近立て続けに決済の場で知り合いの方から「貫禄がついてきた」と言われ、「ふけたってこと?」「太ったのかな?」と少しショックを受けてしまいました。

貫禄があることは司法書士としては信頼されやすそうでいい、と理屈では思うのですが、実際言われてみると複雑な心境でした。

もっと若々しい格好にしたほうがいいかな?なやましいなぁ。

|

2008年2月26日 (火)

 「中小企業のための事業承継等無料相談会」

 「中小企業のための事業承継等無料相談会」が次のとおり開催されます。奮ってご参加下さい。

日時  平成20年3月8日(土)13:00~16:00
場所  平安会館(京都市上京区烏丸通上長者町上る)
主催  京都弁護士会
共催  京都商工会議所、京都司法書士会、日本公認会計士協会京滋会、
     近畿税理士会京都府支部連合会
後援  中小企業庁、中小企業基盤整備機構
http://www.siho-syosi.jp/topics/topics/20080222.pdf

|

2008年2月17日 (日)

「事業承継(経営の承継)」、ご相談下さい!

 「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律案」が国会に上程されています
http://www.meti.go.jp/press/20080205003/20080205003.html

 この法律は、中小企業における経営の承継の円滑化を図るため、一定の要件を満たす後継者が、遺留分権利者全員との合意及び所要の手続(経済産業大臣の確認、家庭裁判所の許可)を経ることを前提に、

 ①生前贈与株式を遺留分の対象から除外
 ②生前贈与株式の評価額を予め固定

といった民法の特例の適用を受けることができるようにするものです。

 司法書士は、会社法及び相続問題の専門家として、中小企業の経営者の事業承継(経営の承継)を支援しております。お気軽にご相談下さい。
http://www.siho-syosi.jp/soudan/center.htm

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »