« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月29日 (土)

「サービス残業等労働トラブル110番」を実施中です!

「サービス残業等労働トラブル110番」を実施中です!
http://www.siho-syosi.jp/topics/topics/20080321.pdf

日時   平成20年3月29日(土)
電話相談 10:00~16:00(075―211―4981)※当日専用。
面談相談 12:00~16:00(京都司法書士会館2階)
http://www.siho-syosi.jp/about/map.htm
相談料  無料
予約   不要

(以下、プレスリリースから)
 平成20年2月東京地方裁判所は、マクドナルド社に対し、店長(実体のない管理監督者)への残業代の支払いを命じる判決を言い渡しました。バブル経済崩壊以降、企業は、生き残りのため、正社員をパート労働者や派遣社員に切り替え、労働者にそのしわ寄せをしてきました。現在、日本の30代の男性労働者の4人に1人が、週に60時間以上働いています。また、パート労働者は、いくら頑張って働いても生活ができないようなワーキングプアの状況が生まれています。そんな中で、平成20年3月1日に労働契約法が施行されました。そして、4月1日には、短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(通称 パートタイム労働法)の改正法が施行されます。新法である労働契約法では、日本人のあるべき働き方が明記されています。そこでは、仕事と生活の調和に配慮すること(ワークライフバランスの考え方)と就業の実態に応じて均衡に配慮すること(正社員ばかりでなくパート社員や派遣社員との待遇について配慮するということ)(3条)が規定されています。また、パートタイム労働法では、正社員との賃金差別をなくすことが謳われました(同一労働同一賃金の考え方)。
 これを契機に、京都司法書士会では、働く人々の抱える会社とのトラブルに関する無料相談を実施することとしました。3月から4月は、退職、採用、転勤等の労働市場の活動が活発な時期であり、労働トラブルの起こりやすい時期でもあります。司法書士は、「市民にもっとも身近な法律家」として、長時間労働を強いられながら残業代がつかなかったり、賃金の未払い、解雇など働く人々の労働トラブルの相談を通じて、市民の権利擁護に貢献したく、本110番を企画した次第です。

 お気軽にご相談ください。

|

2008年3月24日 (月)

土地の売買による所有権の移転登記等に対する登録免許税の税率の軽減措置について(ご注意)

 今国会に上程されております「所得税法等の一部を改正する法律案」が3月中に成立し、租税特別措置法が一部改正されて、下記のとおりとなる見込みですが、国会の情勢から同法律案の3月中の成立が危ぶまれており、その場合、現行の軽減措置の特例が一時的になくなり、4月1日以降、同法律案が成立して施行されるまでの間は、土地の売買による所有権の移転登記の税率は、登録免許税法本則の1000分の20となります。この場合、登録免許税は、特例の場合の2倍の額となりますので、不動産取引においてはご注意ください。

             記
1 土地の売買による所有権の移転登記等に対する登録免許税の税率(本則1000分の20)の軽減措置について、次のとおり軽減税率の見直しを行った上、その適用期限を3年延長する。
(1) 土地の売買による所有権の移転登記(現行1000分の10)
   平成20年4月1日から平成21年3月31日まで 1000分の10
   平成21年4月1日から平成22年3月31日まで 1000分の13
   平成22年4月1日から平成23年3月31日まで 1000分の15

|

「サービス残業等労働トラブル110番」

 本年3月1日労働契約法が施行されました。また、4月1日からは短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パートタイム労働法)の改正法が施行されることになっています。これを機に、京都司法書士会では、働く人々の抱える職場内や会社とのトラブルに関する無料相談会を下記のとおり実施します。

日   時  平成20年3月29日(土) 電話 10:00~16:00

                        面談 12:00~16:00

会   場  京都司法書士会館

http://www.siho-syosi.jp/about/map.htm

相談方法  電話・面談(いずれも予約は不要です。)

電話番号  075-211-4981 ※当日専用です。

 

|

2008年3月22日 (土)

インフレ

先日、明治時代に設定された抵当権を抹消する登記を申請しました。

抵当権者として登記されている方の行方がわからないので、弁済すべき額を計算して法務局に供託した上で、抵当権抹消の登記をしました。

登記簿上、債権額は千円で、利息が月9円。閉鎖された登記簿を調査して弁済期を確認し、弁済期から供託した日までの損害金の計算をしたところ…合計しても2万円弱。

大正生まれの祖母に大正時代の千円の価値を確認したところ「千円で立派な家が建った」とのこと。その価値ある千円が今の2万円弱に清算されてしまうなんて、インフレって大変、と思いました。

|

2008年3月18日 (火)

司法書士がラジオに出演しています!

皆さん、FM大阪(85.1)で毎週日曜午後4時55分から5分間、

「知れば知るほど司法書士」というラジオ番組が放送されているのをご存知ですか?

これは、司法書士の業務や、取り扱っている問題の紹介を通して、

司法書士のことを広く知っていただくことを目的とした番組で、

近畿2府4県の司法書士が、交代で出演しています。

毎回、1つのテーマに沿って、DJの方との掛け合いで番組が進行します。

恥ずかしながら、ブログライターの1人である私も、

2月の放送に出演させていただきました!

なかなかできない体験なので、全てが新鮮で、本当に楽しかったです。

ところが、実は!

この番組は、3月いっぱいでとりあえず終了です。

「なぜ今頃告知を!?」という声が聞こえてきそうですね…。

でも、これからも、司法書士そして京都司法書士会は、様々な形でメディアに登場すると

思いますので、よろしくお願い致します。

ちなみに、「知れば知るほど~」の最終回を飾るのは、わが京都司法書士会の広報部長

です!皆さん、ハンカチのご用意を…。

|

2008年3月 1日 (土)

本人確認にご協力をお願いします

 平成20年3月1日から「犯罪による収益の移転防止に関する法律」が改正され、司法書士が不動産の売買による所有権移転登記の委任を受ける場合、また、会社の登記(設立、組織再編、定款の変更、取締役の選任及び代表取締役の選定等)の委任を受ける場合等において、同法に基づく依頼者の本人確認をしなければならないことになりました。ご協力をお願い致します。
http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/jafic/dw.files/a2_poster.pdf

cf. 法律のQ&A
http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/jafic/horei/q_a.htm

 なお、当会は、司法書士が行う本人確認に関して、会則改正及び規程の制定を行いました。その内容につきましては、追って、当会のHPで公開致します。

|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »