« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

定額給付金

定額給付金の給付が開始されていますね。

我が家にも10万2000円が給付されました。これを何に使うか・・・ゴールデンウイーク期間中に家族会議を開くことにします。

4月初めに私が成年後見人をしている方の定額給付金申請書が私の事務所に送られてきました。これは、成年後見人に就任すると市区町村へ就任の届出を行い、健康保険や介護保険、固定資産税、住民税等に関する通知が成年後見人のところへ送付してもらうようにしてあるからです。

すぐに必要書類を添えて給付金の申請をしました。たぶん5月中には給付されると思います。給付されたら何かほしいものはないか聞いてみます。

多くの司法書士が成年後見業務にたずさわり、高齢者や障がい者の権利や財産を守るための様々な支援や活動を行っています。法定後見において親族以外の後見人等で、家庭裁判所にもっとも多く選任されているのは司法書士です。

高齢者や障がい者の方の財産管理などについては、どうぞお気軽に司法書士にご相談ください。

http://www.siho-syosi.jp/legal/index.htm

悲しいことに定額給付金の給付を装った「振り込め詐欺」が発生しています。

もし、定額給付金について、市区町村の職員などをかたった電話がかかってきたら、迷わず、役場や最寄りの警察に連絡しましょう。

総務省http://www.soumu.go.jp/teigakukyufu/index.html

|

2009年4月23日 (木)

今年は固定資産税評価替えの年です。

固定資産税の納付書が送られてくる季節になりました。

土地や家屋の固定資産税評価額は、適正な価格を算定するため、
3年に一度見直し(評価替え)が行われており、平成21年度はその年に当たります。

土地は、平成20年1月1日(今回の評価替えの基準日)時点の地価公示価格等の7割を目処に評価され、
3年間の地価の動向が価格に反映されます。
家屋は、建築物価の動向が価格に反映されますが、据え置かれる場合もあります。


また、納税者は4月1日から数週間(京都市内であれば4月30日まで)、
不動産所在地の市役所、区役所にて、自分の土地や家屋の評価額が適正かどうかを把握する
ために、他の土地や家屋の評価額を記載した縦覧帳簿を縦覧することができます。
ほかの土地や家屋の評価額と比較することにより、判断できるようにするための制度です。

そしてもしも、固定資産課税台帳に登録された価格に不服がある場合は、
4月1日から納税通知書の交付を受けた日後60日までの間に、
固定資産評価審査委員会に審査の申出ができます。


なお、土地や家を買ったり、相続する場合の所有権移転登記にかかる登録免許税も
この評価額をもとに計算します。
このため、同じ不動産であっても、3月までに購入した場合と、4月以降に購入した場合とで
少し登録免許税が変わってくることもあります。

|

2009年4月 8日 (水)

春だから、司法書士

4月。「新しい年度」の始まりです。「新社会人」「新大学生」など、実家を離れて生まれて初めての「ひとり暮らし」を始めた方も、たくさんいらっしゃることでしょう。

ひとり暮らしを始めたばかりのみなさんは、不慣れな土地で、今は「相談できる相手」がいない時期です。特にお金のことや住居のことなど、離れたご両親にも言いにくく、悩んでいるときは、ぜひ司法書士にご相談ください。

実家のご両親は、「アクシデントに巻き込まれた息子(又は娘)のふりをして電話をかけ、親御さんに多額のお金を振り込ませる」いわゆる「振り込め詐欺」には、十分注意をしてください。

あなたの近くにいる司法書士を十分に活用し、新しい生活を実り多いものにしましょう!

京都司法書士会 075-241-2666 http://www.siho-syosi.jp/about/map.htm 

|

2009年4月 1日 (水)

簡裁訴訟代理等関係業務に積極的に取り組んでいる司法書士リスト

法務大臣の認定を受けた司法書士が「簡易裁判所における訴訟代理等を行う業務」ができるようになって、今年の7月で6年になります。

クレジットや消費者金融を長年利用してきた方々の過払金返還手続については、電車の車内広告やテレビコマーシャルなどを行う司法書士事務所もあり、皆様もよくご存じのことと思います。しかし、司法書士が行っている簡裁訴訟代理等関係業務は、過払金の返還だけではありません。

多くの司法書士が、敷金の返還、建物の明渡し、未払い賃金の請求など、様々な事件に取り組んでいます。

京都司法書士会では、「簡裁訴訟代理等関係業務に積極的に取り組んでいる司法書士リスト」を作成し、公表しています。簡易裁判所の事物管轄(訴額が140万円以下)に属する民事事件につきましては、お近くの司法書士にどうぞお気軽にご相談下さい。

http://www.siho-syosi.jp/kansai/index.htm

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »