« 租税特別措置法の改正 | トップページ | 春だから、司法書士 »

2009年4月 1日 (水)

簡裁訴訟代理等関係業務に積極的に取り組んでいる司法書士リスト

法務大臣の認定を受けた司法書士が「簡易裁判所における訴訟代理等を行う業務」ができるようになって、今年の7月で6年になります。

クレジットや消費者金融を長年利用してきた方々の過払金返還手続については、電車の車内広告やテレビコマーシャルなどを行う司法書士事務所もあり、皆様もよくご存じのことと思います。しかし、司法書士が行っている簡裁訴訟代理等関係業務は、過払金の返還だけではありません。

多くの司法書士が、敷金の返還、建物の明渡し、未払い賃金の請求など、様々な事件に取り組んでいます。

京都司法書士会では、「簡裁訴訟代理等関係業務に積極的に取り組んでいる司法書士リスト」を作成し、公表しています。簡易裁判所の事物管轄(訴額が140万円以下)に属する民事事件につきましては、お近くの司法書士にどうぞお気軽にご相談下さい。

http://www.siho-syosi.jp/kansai/index.htm

|

« 租税特別措置法の改正 | トップページ | 春だから、司法書士 »

司法書士について」カテゴリの記事